【勉強が苦手なあなたへ】毎日20分から出来るネトフリ英語学習法のススメ

おはようございます。

今年もそろそろあと半分という事実を受け入れられない夏希です。

せっかく社会人になってお金が出来たのに、やってることは家でモンスターをハントしてます。

さて本日は、僕がかねてから提唱してる「ネトフリ英語学習法」を、もう少し噛み砕いて説明したいと思います。

そしてTwitterとかで見たんですが、同じように動画を見て英語を勉強することをおすすめしてる方も多いですね!僕は誰かの発信でこの方法を知ったわけではなく、自然と自分で考えついたことだったんですが、やはり学習法として間違ってないなということが自信を持てました^^

コスパ最強! ネトフリ学習法のススメ

突然ですがこのネトフリ英語学習法、コスパ最強だと思ってます。

それはなぜかというと、学習なのにまるで学習ではないかのように「楽」で「楽しく」「継続して学べる」からなんですね。ネトフリ英語学習法は以下のような人にオススメします。

「英語は喋れるようになりたい、でも毎日仕事もあるのに勉強はできないよ〜」

「教材や学校で学んでるけど、負担が重くてなぁ〜」

「何でもいいから楽に英語上達してえー!!」

大丈夫です。そんなワガママなあなたのためのとっておきの方法です(笑)

ネトフリ英語学習法のやり方

ネトフリ英語学習法のやり方は至ってシンプルです。

一応、5ステップ書いてみましたが、最初は1〜3で十分です。気が向いたらその先もやってみてください^^

  1. ドラマ・アニメを「英語音声・英語字幕」で見る
  2. 意味が分からなかったり聞き取れなかった部分は「日本語字幕」に戻して見て、その後また「英語字幕」に戻す
  3. 2を行いながら最後まで見る
  4. 登場人物の声に合わせてシャドーイングしてみる
  5. 気に入ったフレーズ・印象に残ったフレーズを書き出してみる

具体的に説明していきます。

1 ドラマ・アニメを「英語音声・英語字幕」で見る

これがこの学習方法の基本です。いやもうむしろこれだけでもいいです。皆さん普段、洋画って見ますか?もし見るとしたら、字幕か吹き替えかどうやって見てますか?

今日から全部、「英語音声・英語字幕」に変えましょう。これだけで見違えるほど英語を聞く機会と見る機会が増えます。

意味は分からなくても大丈夫です。完璧に理解しなくても、映像でなんとなく分かることも多いし、どうしても分からなければ次のステップで日本語を確認すれば大丈夫です。

続けていればいつか必ず、目と耳で「わかる」日がやってきます。

ちなみにどうしてNetflixを推しているかというと、これは決して僕がNetflixの回しもんだからではなく、

単純に「英語音声・英語字幕」で作品を視聴できる動画サービスが少ないということと、Netflixは学習に使える有用なオリジナルコンテンツがめちゃくちゃ多いからです。

例えばアマゾンプライムは、映画なんかはかなり多いですが、僕は映画は学習にあまりオススメしません。理由は、

  • 1作品1作品が長すぎて学習の途中で飽きてしまうから
  • 映画は映像の時間が長くなりがちで肝心の会話が少ないものがあるから

というのが主な理由です。

重要なのはたくさんの英語に見て聞いて触れることなので、その機会が少ない映画はあまりオススメできません。

まずは趣味がてら休憩がてら、「英語音声・英語字幕」で動画を見る!どうでしょう?これなら出来そうですよね。

2 意味が分からなかったり聞き取れなかった部分は「日本語字幕」に戻して見て、その後また「英語字幕」に戻す

英語音声と英語字幕で見ていたら、多くの人は最初「何を言ってるかわかんないよ!」って思うこともあるでしょう。分かります。僕も今でも作品によってはよく分からないものもあったりします(笑)

そんな時は無理せず潔く「日本語字幕」にして意味を確認しましょう。

無理して「絶対英語で理解してやる!」って思うと気が重くなっちゃうし、何より楽しくなくなります。

「楽」して「楽しく」「継続して」英語を学ぶ、というこの学習法の目的からずれています。

分からなかったらすぐに日本語!というのももったいないですが、その辺は自分のモチベーションとも相談しつつ臨機応変に対応しましょう^^

3 2を行いながら最後まで見る

英語を聞いて、英語を読んで、途中で日本語にも切り替えたりして、最後まで見ることが大切です!英語だけで20分〜30分見るというのは意外に長くて、途中で「もうダメだ〜」と思ったりしてしまうこともあると思います。

が、絶対最後までみてください。

辛い時は、「これは勉強じゃない!ただの息抜きだ!」「娯楽だからそんな気負う必要ないし!!」って思って見てください(笑)

毎日1本見る、ということの積み重ねが大きな力になります。必ず見終えることを意識しましょう。

4 登場人物の声に合わせてシャドーイングしてみる

ここから先は少し応用ですね。無理してやる必要はなくて、基本的には1〜3が出来れば十分だと思います。

が、「それだと勉強した気にならない!」「物足りない!」という貪欲な方は、ぜひこの「シャドーイング」やって見てください。

おそらく、英語の教材の比じゃないほど難しいと思います。

登場人物はそれこそ色々なアクセントを持ってるし、話し方も違うし、作品によってはスラングなんかもバンバン混ざってます。

でも、1〜3に加えてこの4を加えると一気に学習のスピードが早まります。シャドーイングはリスニングに良い、と聞いたことがあるかもしれませんが、めちゃくちゃ効きます。

ただし、これは本当に難しく、あまり突き詰めてやると反動で飽きてしまうのでほどほどをオススメします。笑

あくまで、「楽」に「楽しく」が僕のおすすめです。

5 気に入ったフレーズ・印象に残ったフレーズを書き出してみる

5は正直おまけ程度です。僕が好んでよく行っている方法なので紹介してみます。

僕は気に入ったフレーズや、使いやすそうだな、ってフレーズがあったらメモしています。

英作文を上達する1番の近道は英作文に使えるフレーズを丸暗記することですが、スピーキングもそれと同じで、非ネイティブの僕らは「どれだけ自分が自由に使える英語のフレーズを持っているか」が重要です。

自由に使える表現をたくさん持っておくと、一気に会話できる領域が増えて、英語ができるように感じます。そういうフレーズを探すのにも役立つというわけです!

オススメの学習教材は?

方法はわかったよ。じゃあ一体何を見ればいいの?という疑問にお答えします。

オススメの作品は本当にたくさんあるんですが、やっぱり最初は「How I Met Your Mother」を推します!

このブログでも既に2回は記事にした作品ですが、英語の難易度も、ボリュームも、面白さも、全てがうってつけです。詳しくは以下の記事をご覧ください。

How I Met Your Motherはシーズン9まである大ボリューム作品なので、まずはこれを、上でご紹介した手順1〜5を行いつつ見て見るのがいいと思います。ちょっと他の作品も見てみたいな〜って思ったら、他にもブログでオススメ作品はたくさんご紹介していくので、そちらもチェックして見てください^^

まとめ

本日はネトフリ英語学習法の具体的な実践方法をご紹介しました。

最初のうちはこれで勉強になってるのかな?と思うかもしれませんが、安心してください。

毎日続けていれば間違いなく英語力はアップします。ちなみにTOEICの勉強をしている人にもオススメです。

ドラマの英語のスピードに慣れれば、TOEICのリスニングは余裕で聴けるようになります。

ネトフリ英語学習で、皆さんもぜひ良い英語ライフを!

本日もありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です