【第4回 今すぐビジネスで使える!】仕事に役立つ英語のフレーズ4選

こんばんは。

今更ですが「QUEEN’S GAMBIT」を見始めました。チェスいいですよねチェス(単純)

夏希です。

本日は、今すぐビジネスで使える英語シリーズの第4弾です!

この記事では、普段アメリカのクライアントと仕事をしている僕が仕事の中で覚えた単語、使用したフレーズ等をご紹介します。

現在仕事で英語を使用する機会がある方はもちろん、会話で使える英語を学びたい方にもきっと役に立つ内容だと思います^^

前回の記事はこちら↓↓

今日はワードやフレーズを4つお届け。

それではいってみましょう!!

目次

1. 提案する(propose)

1つ目のワードは「提案する」です。

ビジネスマンとしてプレゼンは避けては通れない道です。

僕もアメリカのクライアントとやりとりする際は、

半分以上がプレゼンといっても過言ではありません。

プレゼンに使用する英語フレーズはまたご紹介しようと思いますので、

まずは基本的なワードから押さえていきましょう^^

I would like to propose this new plan in order to make more profit.
(より多くの利益を得るために、この新しいプランを提案します。)

動詞のproposeは非常に便利な単語です。

後ろに「that」節をくっつけることができるので、自分の言いたいことが非常に言いやすいんですね。

At the meeting, he proposed that we should take a risk to increase our profits.
(そのミーティングの中で、彼は利益を増加させるためにリスクを取るべきだと提案した)

また、proposeの名詞系「proposal」も便利な言葉なので覚えておくと役立ちます。

Thank you for considering our proposal.
(我々の提案を検討いただきありがとうございます。)

2. 強調する(emphasize)

2つ目のフレーズは「強調する」です。

これもプレゼンではとてもよく使うワードだったりします。

例えば、説明の中で特に注目を引きたい時に、「ここで私が最も強調したいのは〜」

のように言うことができます。

プレゼンで使用すれば相手にとってわかりやすくなること間違いなしです。

I need to emphasize that the change might have a bad effect
on the whole project.
(その変更はプロジェクト全体に悪い影響を与えるかもしれないことを強調しなければいけません。)

What I want to emphasize here is that we don’t have to be so
pessimistic.
(ここで強調したいのは、そんなに悲観的にならなくても良いと言うことです。)

便利な言葉ですが、何でもかんでも「emphasize」といえば良いわけではありません。

僕は1プレゼンでは、多くても2〜3回の使用に留めるようにしています。

また、繰り返し使う場合でも、上記の例のように多少言い換えて話せば少しは冗長的な印象を与えることを避けられるかもしれません^^

3. 焦点を当てる(focus on~)

3つ目のワードは「焦点を当てる」です。

これも使い方は「emphasize」と似ていて、特定の部分により強い注目を集めたいときに使用できます。

I’d like you to focus on the below chart in this slide.
(スライドの下の図にご注目ください。)

色々な表現を持っておくと、「お、こいつ英語できるな?」って思われる気がするのでオススメですw

ちなみに以下のように全体感を説明する時にも使用できます。

This slide will focus on the monthly sales per branches.
(このスライドは支店別の月毎の売り上げに焦点を当てます。)

ちなみにこの単語、僕は「英語喋ってるなあ〜!!」って気がしてとても好きです!!(伝われこの気持ち)

4. 重要なのは(The point is~/What is important is~)

4つ目は「重要なのは」というフレーズです。

これもプレゼンではよーーーく使います。

話してきたことをまとめて結論を話すとき、議論の飛び交う場を収めるとき、

要約してシンプルに伝えたいことを伝えるとき、色んな場面で使えます。

これ以外にも色々な言い方があると思いますが、僕が普段よく使うのはこの2つですね。

The point is, we have to take action immediately in order to
decrease risk.
(重要なのは、リスクを減らすために早急に行動を起こす必要があるということだ。)

What is important is to continue doing what you want.
    (重要なのは、やりたいことを続けることです。)

こういうフレーズを上手く使えると、プレゼンにメリハリができます。

英語でプレゼンを行うのは非常に緊張するし、パニックになってしまいがちですが、

こうして締めるところをきっちり締めればそれだけでも大きく質は上がります^^

まとめ

本日は図らずもプレゼン回になってしまいました。

いつも書きながら「あ、このワードもいいな」とか方向転換してしまうので、当初の予定と全然違うものを紹介していることも多いですw

本日ご紹介したのは以下の4つですね。

  1. 提案する(propose)
  2. 強調する(emphasize)
  3. 焦点を当てる(focus on~)
  4. 重要なのは(The point is~/What is important is~)

また一緒に英語を勉強しましょう。

僕と同じく英語を勉強中のあなたに少しでも役に立つ知識を届けられていれば幸いです^^

ありがとうございました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です