【第3回 今すぐビジネスで使える!】仕事に役立つ英語のフレーズ3選

おはようございます。

好きなお菓子はパックンチョです。夏希です。

本日は、今すぐビジネスで使える英語シリーズの第3弾です!

この記事では、普段アメリカのクライアントと仕事をしている僕が仕事の中で覚えた単語、使用したフレーズ等をご紹介します。

現在仕事で英語を使用する機会がある方はもちろん、会話で使える英語を学びたい方にもきっと役に立つ内容だと思います^^

前回の記事はこちら↓↓

それでは早速行ってみましょう!

1. 慣れる/慣れている(get used to~/be used to~)

1つ目のフレーズは「慣れる・慣れている」です。

ビジネスではもちろん、日常会話でも使える単語ですね^^

意外と出てこないフレーズだったりするので、これを機に覚えちゃいましょう!

Almost a year has passed since you joined this company. Did you get used to work?
     (この会社に入社してからほぼ1年が経ったね。もう仕事に慣れた?)

上の例は「慣れる」という行為を指す場合ですね。

「慣れている」という状態を伝える場合は「be used to」を使いましょう。

It’s fine. I am used to handling complaints from customers.
     (大丈夫。顧客のクレーム対応には慣れてるから。)

同じ意味で「be accustomed to~(〜に慣れている)」というフレーズもあります。

こちらはややフォーマルな表現ですが、まずは「used to」から覚えましょう。

2. 時間がある(have time)

2つ目のフレーズは「時間がある」です。

「時間がある時で構いませんので〜」など、ビジネスでは使用する場面の多いフレーズだと思います。

Could you check the meeting materials when you have time?
     (時間がある時に会議資料を確認いただけますか?)

If you have time, you should go to the hamburger restaurant
which reopened in a new location.
(時間があるなら、移転オープンしたハンバーガーレストランに行ってみるといいよ。)

以下のように否定形でもよく使用されます。

How was the meeting? 
(会議はどうだった?)
Sorry, we didn’t have much time to discuss the issue.
(ごめん、その件について議論する時間が取れなかったよ。)

いずれにせよ、覚えておいて損はないフレーズですね。

3 条件(condition/parameter)

3つ目のフレーズは「条件」です。

「条件」には様々な文脈があると思いますが、ビジネス的な話をする際は「condition」という単語が使えます。

I can accept your offer under the following conditions.
 (以下の条件でなら、あなたのオファーを受け入れましょう。)

Your proposal seems fascinating to us; however, we have
a couple of conditions.
(その提案は魅力的ですが、私たちにはいくつかの条件があります。)

取引や契約を行う上で譲れない「条件」が上記の例に当てはまります。

その他にも、「検索の条件」のような意味で使用する際は下記のように「parameter」がオススメです。

Please try entering search parameters and click on search button.
(検索条件を入力して検索ボタンをクリックしてみてください。)

文脈に応じて単語を使い分けていきましょう。

というわけで本日は、

  1. 慣れる/慣れている(get used to~/be used to~)
  2. 時間がある(have time)
  3. 条件(condition/parameter)

の3種類をご紹介しました。

英語は1つ使えるフレーズを持っておくだけでもかなり会話が楽になります。

徐々に自分の使える語彙を増やしていきたいですね^^

それでは、本日もありがとうございました!

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です